• 国産豚と天然塩で作られた長期熟成生ハムの普及を行っている協会です

「元フランス料理人の作る生ハム  藤原 伸彦」
工房:標高1,500mに位置する「メゾン・デュ・ジャンボン・ド・ヒメキ」

フランスを皮切りに、大阪、アメリカ、富士山麓、信州とあらゆるステージで、様々な
レストランを手がけてきた元フレンチの料理人である藤原氏。元料理人という経験を生か
した生ハム作りを行っています。彼のメゾンの立地は、北には浅間山、東には蓼科山と
2500m級の山々を望む高台にあり、それらの山々から吹く乾燥した風と、内陸性の
気候で、夏は25℃程度でかカラリとしており、冬は−20℃以下になることもしばしば、
と自然の状況下で生ハムを作るには最高の環境です。
また仕込みの段階で、食に有用であり、日本古来の酒や味噌造りに使われる”麹菌”を
付着させ熟成させます。さまざまな種類の麹菌を使いさまざまな味わいの生ハムを
生み出し、飽くなき探求心でチャレンジしていく楽しみな方のお一人です。

日本の麹菌を使っているのに、どことなくフランスの生ハムの味わいを感じるのが不思議です。
生ハムに使用する豚は全て長野県産。信州ポーク・大町黒豚・小谷野豚・安曇野放牧豚と
元料理人の拘りを感じる豚ばかり。