• 国産豚と天然塩で作られた長期熟成生ハムの普及を行っている協会です

桜の花もいっせいに咲くほどの素晴らしい晴天の中、国産生ハム普及協会の発足会を坂戸のSERRANO工房にて行いました。ご出席頂いた方は17名。協会にご協力いただけるありがたい方々です。

“発足会”というと何か堅苦しい感じもしますが、工房にはいつもと変わらぬ時間がゆったりと過ぎ、オリーブの木の下でのんびりと軽い自己紹介から始まりました。

生ハムの薫りが立ち込める工房の中、協会最高顧問の尾島博氏のお話から始まり、協会設立の経緯、趣意、今後の活動予定、理事会および理事長、事務局長の承認、今後のご協力のお願い等々、発足会は進行していきました。その後はやはり乾杯です。今日はあいにく海外出張でいらっしゃれなかった日西商事の関さんから、お祝いにとお送りいただいたシャンパンで’乾杯’。

乾杯の音頭は、鹿児島県からわざわざおいで頂いた“えこふぁーむ” (http://www.eco-pig.net/) 代表取締役の中村さんです。“えこふぁーむ”は数々のメディアにも紹介されていますが、耕作放棄地で豚を放牧し耕作地に戻し野菜を造り、放牧された豚もまた素晴らしい豚に成長するという画期的な環境を創っていらっしゃいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA