• 国産豚と天然塩で作られた長期熟成生ハムの普及を行っている協会です

伝統製法による生ハムは塩だけで長期熟成させ製造します。そのため豚肉本来の味が正直に表れます。つまり、豚肉の資質が問われ、逆に言えば豚肉の個性が尊重されます。

生ハムにはこのほかに、各種の調味料や保存料を使用し、均質な製品に仕上げることを目指した製法もあります。こちらの場合は、どんな肉でも差を生じないように作るもので、大量生産の安価な豚による製造が可能で、このため今日多く流通するようになりました。しかし、その狙いから自明の通り、個々の豚肉の特徴は反映されません。

私たちは大量生産の生ハムを否定するものではありません。しかし、伝統製法による生ハムは、農業、食品加工、外食など、これからの日本の食にかかわる産業と食文化を発展させる可能性をたくさん持っています。その点に注目し、伝統製法による生ハムの普及に努めたいと念じ、生ハム普及促進協会を設立することといたしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA